2008年05月22日

夕陽

「最近夕陽を見てないなぁ」というメールをいただいて、思い出したのがこの写真。
冬の久能山の頂上から階段で降りてくる途中の写真です。

太陽はきちんと西の空に沈んでいってまた次の日の東の空に現れる、
毎日同じことを繰り返すって、なんてすごいことなんだろう。

そう考えると刺繍とおなじ???
雲の向こうで見えない時もコツコツと刺していればきっと出来上がる、
ハーダンガーと同じかな。
なぁんて、もうすぐそこに見えている仕上がりが、ちょっと遠くて寄り道したくなっている私に向っての励ましの言葉。

今日は久しぶりに夕陽を見に出かけようかな。


刺繍の杜へ
posted by oharico at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日の事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185346403
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
刺繍の杜へ