2011年12月23日

シュトーレン


12月になるとシュトーレンが欲しいなぁ…大好きなの
とつぶやいたら大きなシュトーレンが届きました。
現在大家族なので大喜びでいただいています。

毎年この時期から年明けまで
いろいろな組み合わせでの大家族。

みんな元気に顔を合わせることができることに感謝です。

刺繍の杜へ
posted by oharico at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日の事

2011年12月07日

濃紺の生地

どんどん増えていく布や糸を整理していると未完成のものがあちこちから出現してきます。
濃紺の生地に濃紺の糸・・・これも少し前のもの。

とりあえず太い糸で刺すところは終わっているようで
これからどうしようと思っていたのか、思い出しつつ続けてみることに。
といってもたぶん最初に思っていたのとは違うものが出来そうな気もします。

中途半端に残った生地、細長く残った生地、
こんな風にしてみようと思いたつとすぐに刺し始め
そのまま最後まで出来上がるもの、途中で考え込んでそのままのもの、
などなど、あちこちのかごに中途半端なものが増殖中。

こんなに濃い色は明るい昼間の日差しの中しかできないので
お天気の日の昼間限定でゆっくり仕上げることにしましょう。

刺繍の杜へ
posted by oharico at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーダンガー/刺繍

2011年12月03日

赤い楽しみ

毎年この時期になると食べるもの
赤かぶとビーツ・・赤いものだらけです。

ビーツとの出会いはイギリスで。
町の商店街の八百屋さんの店先でゆでたてのほかほかを売っていました。
ビーツはゆでるのに時間がかかるし、手が真っ赤になるのでゆでてくれるのでしょう。
でも時間がかかろうと家でゆでてアツアツを食べる!これが最高です。
オランダでは市場で葉付きのビーツを買っていました。

さて、静岡でも長野産のビーツを見つけることが出来ました。
ですからこの時期冷蔵庫の中には必ずビーツが入っています。

もう一つ、赤かぶの甘酢漬け、これも毎日食べても飽きません。
おやつにビーツと赤かぶ・・・なんていうのもありですね。

おまけにきれいなイタリアトマトも見つけました。加熱用だそうです。
今日のランチはまっかっかな野菜スープとタミさんのパン。
南部鉄鍋で焼いたパンは外がカリカリで中がふんわり。

食欲の秋は続いています。

刺繍の杜へ
posted by oharico at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 毎日の事
刺繍の杜へ